blog

2022年の夏コミで配布したペーパーです。

blog

こちらのブログではお久しぶりです。

昨日、2022年の夏コミに参加してきました。

長年にわたって描き続けている「覇王の輔」シリーズですが、13巻を出したのが2019年の11月、その後ずっと時間が空いて14巻を21年の冬コミ、15巻を今回の夏コミで発行しました。

コロナ禍で同人イベントが中止、縮小されたという事情もありますが、それ以前から刊行ペースが落ちていることは、長年読んでいただいている読者の方は感じ取っておられたかもしれません。

 

「覇王の輔」シリーズを描き始めて数年たったころ、父が亡くなりました。

父は白川とは年が離れており、年配の人にありがちな「漫画はくだらない」という価値観を持っている人でした。漫画に限らず、子供が自分の気に入ることをすれば褒めますが、気に入らないことをすれば頭から否定するというタイプの人でした。

物理的な暴力を振るうようなことはなく、経済的にも恵まれていたと思いますが、私は常に「これを好きになったら父から否定されるのではないか」と警戒し、おびえながら成長しました。

この作品の主人公である范蠡さんも、「父親の圧が強すぎて自分が何をやればいいのか分からなくなってしまった」という心にトラウマを抱えている人です。それは明らかに自分自身の投影です。

歴史上の范蠡さんの名誉のために申し上げますと、実際の范蠡さんはもっとしっかりした立派な方だったと思います。この作品の范蠡さんは、あくまで私の作品における、創作上のキャラクターです。

 

話は戻りまして、私がこの作品を描き始め、その際范蠡さんのキャラクターを上記のように設定したことは、当時存命していた父親に対して、「自分は漫画が好きで漫画を描いている」ということを証明したかった、ということが大きかったかと思います。

父には私が漫画を描いているということは話していないので、実際に父に認めてもらおうとかそういうことではないのですが、自分を否定してきた父への反発、反抗心のようなものが、そこにはありました。

 

ずっと描き続けているわけですから、多分私は漫画が好きなのだと思います。

しかし、私は「自分は漫画が大好きなんだ」と思うことができませんでした。漫画は「描いてはいけないもの」「価値がないもの」であり、ずっと漫画を描くことにある種の「うしろめたさ」を感じていました。

「三度の飯より漫画が大好き!」と熱く語る他の作家さんをいつも羨ましく思っていました。どうして私はあんな風に自分の好きなものを堂々と好きと思えないんだろうと、疎外感のようなものも感じていました。

ですので、「覇王の輔」という作品を描くのは、自分が漫画を好きで描いているんだと、自分自身に対して確認する意味もありました。

 

そんな中、父が亡くなりました。
これからは父からの否定に怯えず、好きなものを好きと思っていいんだ、「漫画を描くだけで楽しい!」と言えるようになるんだ、と思いました。

しかし実際にはそうはなりませんでした。反発の対象である「父」という存在がなくなり、ただ「自分の好きなものが本当に好きなのかわからない」という状態だけが残りました。

相変わらず自分は何者かに否定されているように感じ、それに対して「そうじゃない!」と反発する気持ちをぶつける対象がなくなり、これから先、この作品をどのように描いていけばいいのか、わからなくなりました。

ちょうどその頃、ゲームにはまって二次創作を始めたこともあり、「覇王の輔」の執筆ペースはかなり落ちてしまいました。待っていて下さった方には、大変申し訳ありませんでした。

 

父が他界してから数年経ち、自分の中でも少しずつ気持ちの整理ができてきました。

おそらく、私はこの先も「三度の飯より漫画が大好き!」と目を輝かせながら語ることはできないと思います。好きなものを手放しで好きと思えない、好きになることに後ろめたさを感じる、そんな生きづらさと一生付き合っていかなければならないと思います。

ただ、私はそれでいいのではないか、と思うようになりました。

今はもう、自分を一歩離れたところから見て、父からの否定の言葉が真実ではないことや、自分がその影響によって認識を歪まされてしまっている、ということを客観的に見ることができます。

おそらく、私にとっての「好き」はそういうことなんじゃないか、と思います。

 

これから先、そういう自分の思いを作品として昇華していけたら、と思います。

主人公の范蠡さんだけでなく、そのほかのキャラクターたちも、悩みながら、自分と戦いながら、少しずつ成長していく姿を描いていきたいと考えています。

作品に対して、前向きに取り組んでいきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

blog

呉越春秋 闔閭内伝
至今後世,即山作冶,麻絰葌服,然後敢鑄金於山。

「山に入って冶金をし、麻の帯をしめ茅草の服を着て…」と訳してみましたが、「葌服」を大漢和では「香草を佩びる」と解釈しています。「葌」に香草という意味と萱という意味があるようです。

blog

越絶書巻第八

原文「杭塢者、句踐杭也、二百石長員卒七士人、度之會夷」
「員」は「買」になってるテキストもあります
「七士人」は「七千人」ではないかという注釈がありそれに従いましたがそれでもちょっと通じにくいです

blog

呉越春秋 「兩軍邊兵接好、日中無期」

このままだと意味が通りにくいので、「呉語」の該当箇所の記述「兩君偃兵接好、日中為期」にしたがい。「邊兵」は「偃兵」、「無期」は「爲期」で訳しておきました。

blog

越絶書

太宰嚭率徒謂之曰。謝戰者五父。越王不忍,而欲許之。范蠡曰,君王圖之廊廟,失之中野,可乎?謀之七年,須臾棄之。王勿許,吳易兼也。越王曰,諾。

「太宰嚭率徒謂之曰」のあとは文が抜けているようです。

「謝戰者五父」ですが、このあたりはおそらく國語「越語下」のこの部分に対応していると思われます。

吳人聞之,出而挑戰,一日五反。王弗忍,欲許之。范蠡進諫曰,夫謀之廊廟,失之中原,其可輿?王姑勿許也。臣聞之,得時無怠,時不再來,天予不取,反為之災。贏縮轉化,後將悔之。天節固然,唯謀不遷。王曰諾。弗許。

この「越語」の文から「五父」は「五反」であるとする解釈もあるようです。

ただ、越絶だと越王は「呉をゆるそうとした」ととれるのに対し、越語では「呉に応戦することをゆるそうとした」ということになっています。

越語と越絶が完全に対応するわけではなさそうなので、ここでは「戦を謝罪する者は五人」と訳しておきました。

 

blog

やはり「後房鼓震篋篋」がよくわかりませんでした。

「篋篋」は大漢和辞典では「狭く長いようす」となっています。 ただ、前に出てきたところだと「後房鼓震篋篋有鍜工」となってたのが、ここの公孫聖の台詞だと「後房鼓震篋篋者坐太息也」となってるので、これだと音の響きを表しているようにも思えます。
ですが、「篋篋」にそういう使い方があるのかはわかりません。
「有鍜工」も意味がとれないのですが、公孫聖の台詞ではこの3文字がないことを考えると、原文に誤りがあるのかもしれません。
一応大漢和辞典にしたがって訳しておきましたが、いまいち意味が通らないです。

blog

越絶書「拂勝則社稷固、諛勝則社稷危」

「拂」の意味が取りにくくて、「実際に勝っていないのに買ったような気持ちになっている、その気持ちをぬぐい去る」のような意味かと思って、「優位をぬぐい去れば社稷は堅固になり、優位におもねれば社稷は危うくなります」と訳しました。

しかし、「拂」を「輔」のことと解してその後の「諛」と対比させるという解釈もありました(『越絶書校釋』)それだと拂は伍子胥、諛は伯嚭を暗示していることになります。

どちらに解すべきか今は判断が付きません。
もしかしたらサイトにまとめるときに修正するかもしれません。

blog

越絶書「今越王為吾浦伏約辞」

「浦伏」の意味がわかりませんでした。
「約辞」については『國語」の韋昭注に「約卑也」とありますので、「言葉を卑くする」という意味でいいと思います。

「浦」がちょっとわかりません。続く文字が「伏」なので、おそらく身を伏せてへりくだってるとかそういう意味だと思うんですが…

とりあえず「今越王は我々のために身を低くして辞を卑くし」と訳しておきました。

 

blog

『呉越春秋』夫差の夢についての記述です。

原文「後房鼓震篋篋有鍜工」

訳せなかったので、こんな妙な訳になっています

「後ろの部屋には鼓が鳴り響き狭く長く鍜工があり」

注釈書などを見ますと「鼓震」を「鼓橐」の誤りではないかとしていて、鼓震だと「つづみがなりひびく」ですが、鼓橐だと「ふいごをあふる。火勢を盛んにする」(大漢和辞典)になります。

また「篋篋」については音声を表しているという解釈がありますが、大漢和辞典ですと「狭く長いようす」となっています。

「鍜工」については「鍛工」としている訳本もありますが、自分の持っているテキストでは「鍛」ではなく「鍜」なので、これもちょっと意味がわからない。

この夫差の夢についての言及はこの先にも数カ所出てきますので、先を読んで文脈から何かわかるようでしたら修正したいと思います。