blog

140302.png

原稿にはとりかかったんですが、まだ絵を描く段階ではなくて、今日はひたすら台詞のルビ振り→コマ割りでした。

枠線は、コミスタの機能でコマ割りをやって、それから別レイヤーを作ってマジックツールでなぞっていきます。

blog

5月新刊の台割が確定しました。

漫画部分が39ページになりました。

かなり集中してかからねばなりません。

今回は范さん(すごく描きにくい)が2ページしか出てこないので、前の本よりはペース上げられると思います。

blog

文種さんの名前について

作品では隻眼の中年として登場する文種さんですが、この人の名前は「左伝」「國語」では「大夫種」と表記されています。史記の呉世家・越世家でもやはり「大夫種」となっています。

それで、「索隱」ではこのように説明しています。

 

大夫、官、種、名也。一曰大夫姓、猶司馬司徒之比、蓋非也。

「大夫」は官名で、「種」が名である。一説に「大夫」が姓で、「司馬」や「司徒」のようなものであるというが、それは誤りであろう。

 

ここでは否定されていますが、大夫が姓で種が名という説がかなり根強くあったみたいです。

時代が降って、『呉越春秋』になると「文種」として出てきます。『越絶書』では「大夫種」です。

姓が「文」だったとすると、「范蠡」は「范蠡」と表記されているのに、なんでこの人だけ「大夫種」って書かれてるのか、そのへんがよく分かりません。

ただ、姓が「文」だとか「大夫」だとか、いろんな意見が出てしまうぐらいに、素性のわからない人だったのではないかと思います。范蠡氏もそうですが、あんまり名門の出身ではなかったのかもしれない。

ついでに、越の大夫靈姑浮ですが。

諸橋大漢和では「靈姑」を複姓としてるのですが、これはちょっと出典が分かりません。わかったらまた書きたいと思います。

 

blog

140227.png
表紙制作中です。フーちゃんと、左の女性はフーちゃんのママン(故人)です。

本当は2月中に塗り終えたかった…のですがちょっと無理っぽいので、本文原稿と並行して少しずつ進めてと思います。

本は表紙込み44ページになる予定です。

blog

越に関して、『春秋』の記述はあまり多くありません。

昭5  冬楚子蔡侯陳侯許男頓子沈子徐人越人伐呉
昭8  冬十月壬午楚師滅陳執陳公子招放之于越
昭32 夏呉伐越
定5  於越入呉
定14 五月於越敗呉于スイ李
哀13 於越入呉

これくらいです。

当時はあんまり注目されてなかったようです。

注目されるようになったのは、句踐が覇者となって、後にその功績が高く評価されるようになってからでしょうか。

 

blog

若夫后稷・皋陶・伊尹・周公旦・太公望・管仲・隰朋・百里奚・蹇叔・舅犯・趙衰・范蠡・大夫種・逢同・華登、此十五人者為其臣也、皆夙興夜寐、卑身賤體、竦心白意、明刑辟・治官職以事其君、進善言・通道法而不敢矜其善、有成功立事而不敢伐其勞、不難破家以便國、殺身以安主、以其主為高天泰山之尊、而以其身為壑谷釜洧之卑、主有明名廣譽於國、而身不難受壑谷釜洧之卑。如此臣者、雖當昏亂之主尚可致功、況於顯明之主乎。此謂霸王之佐也。(説疑)

あの后稷・皋陶・伊尹・周公旦・太公望・管仲・隰朋・百里奚・蹇叔・舅犯・趙衰・范蠡・大夫種・逢同・華登のごとき、これら十五人の者の臣としてのありかたは、みな朝早く起きて夜遅く寝て、身を卑しくし体を賤しくし、心をつつしんで意を清らかにし、刑法を明らかにし、官職を治めて其の君に事え、善言を進め、道法に通じてその善を誇らず、功を上げて事をなしてもあえてその労を誇らず、はばからずに家をつぶして国家の便宜を図り、身を殺して主を安んじ、その主を高天や泰山のように尊くし、その身は谷間や低地に卑しくし、主が国に名声を明らかにし名誉が広まれば、その身は谷間や低地の卑しさにあることを厭わなかった。このような臣は、乱れた君主に当たってもその功績をなすことができる、賢明な君主ならなおさらである。これを霸王の佐というのである。

 

范蠡と文種が名だたる功臣たちと併記されて「霸王の佐」として扱われています。
かなりベタほめです。この篇が成立した頃には、范蠡の功績に対する高い評価がほぼ固まっていたようです。

文種は「大夫種」と書かれています。
「大夫」が姓で名が「種」という説もあったみたいですが。

blog

他に戦国期の史料で范蠡が登場するものに『韓非子』などがあります。

越王攻呉王、呉王謝而告服、越王欲許之、范蠡・大夫種曰、不可。昔天以越與呉、呉不受、今天反夫差亦天禍也。以呉予越、再拜受之、不可許也。太宰嚭遺大夫種書曰、狡兔盡則良犬烹、敵國滅則謀臣亡。大夫何不釋呉而患越乎。大夫種受書讀之、太息而歎曰、殺之、越與呉同命。(內儲説下)

越王は呉王を攻め、呉王は謝して降服を告げた。越王はこれを許そうとしたが、范蠡・大夫種は言った
「なりません。昔天が越を呉に与えましたが、呉は受けませんでした。今天が夫差に反したのもまた天の禍です。呉を越に与えるなら、再拝してこれを受けて下さい。許してはなりません」
太宰嚭は大夫種に書を送って言った
「すばしこい兎が死ねば良犬は煮られ、敵国が滅べば謀臣は亡びます。大夫はどうして呉を許して越を苦しめないのですか」
大夫種は書を受け取りこれを読むと、溜息をついて言った
「これを殺すなら、越は呉と命運を同じくするだろう」


どっちかというと文種が中心のエピソードですが。
このあたりになると、具体的な出来事や台詞などを含む説話が成立していたようです。

blog

范蠡という人は『左伝』には登場しません。

文献に登場するのは戦国期以降になります。
出身についても諸説あり、呉に来奔したいきさつが詳しく語られる伍子胥や伯嚭などと比べると、どうもはっきりしません。おそらく、それほど名門の出ではなかったと思われます。

戦国期になると、たとえば『墨子』にはこのような形で出てきます。

齊桓染於管仲・鮑叔、晉文染於舅犯・高偃、楚莊染於孫叔・沈尹、吳闔閭染於伍員・文義、越句踐染於范蠡・大夫種。此五君所染當、故霸諸侯、功名傅於後世。
(『墨子』所染)

斉の桓公は管仲・鮑叔に染まり、晋の文公は舅犯・高偃に染まり、楚の荘王は孫叔・沈尹に染まり、呉の闔廬は呉員・文義に染まり、越の句踐は范蠡・大夫種に染まった。この五君の染まるところは適切だったので、故に諸侯に覇し、功名は後世に伝わった。

 

『墨子』が成立した頃(前四世紀末以降?)には、句踐が五霸の一人として数えられるようになり、范蠡もそれを助けた功臣として認識されるようになっていたようです。

blog

先日出した本のタイトルが「スイ李之戦」なんですが、史料ではこういうふうに描写されています。

吳伐越,越子句踐禦之,陳于檇李。句踐患吳之整也,使死士再禽焉,不動。使罪人三行,屬劍於頸,而辭曰:「二君有治,臣奸旗鼓。不敏於君之行前,不敢逃刑,敢歸死。」遂自剄也。師屬之目,越子因而伐之,大敗之。靈姑浮以戈擊闔廬,闔廬傷將指,取其一屨。還,卒於陘,去檇李七里。(春秋左伝 定公十四年)

呉が越を伐った。越王句踐は、これを禦いで、スイ李に陣をはった。句踐は、呉軍が整然としているのを患いて、決死の士を二回やって呉の兵を擒にしたが、呉軍は動じなかった。句踐は罪人を三列にして行かせて首に剣をあてさせ、言った
「呉・越の二君が戦争するにあたり、我々は軍令を犯し、君主の軍行の先頭でよろしくないことをした。あえて刑を逃れず、死んでみせましょう」
ついに自ら首をはねた。呉軍はこれを見ていた。越王はそこで呉軍を伐ち、大いにこれを敗った。靈姑浮は戈で闔廬に撃ちかかり、闔廬は足の親指に傷を負い、靈姑浮は闔廬の靴の片方を取った。闔閭は引き返して、陘で死んだ。檇李を去ること七里だった。

 

細かい解釈の違いはありますが、だいたい意味はこんな感じです。
描写は比較的シンプルで、「決死の士を行かせた」「罪人に首をはねさせた」「靈姑浮が闔廬の足に負傷させた」という三点です。
ドラマなどでは「罪人に首をはねさせた」というあたりを強調されることが多いようです。

ただ、うちの作品ではこの部分は省いてしまいました。
敵の前で首をはねて相手を威嚇する、という事例は他の史料にも出てきますので、当時わりと普通に行われていたことかもしれません。
ただ、私としては、「自分がこの罪人だったらそのまま敵に寝返るよなー」と思ったのと、作中では比較的国力のある呉に対して、越は辺境の小国、句踐も即位したばかりで立場が不安定、という流れになっていましたので、拙作における句踐は、この時点では大勢の人間を自決させることができるような強大な権力は持っていないのです。

それと、今回は夫差と范蠡の出会いをまず第一に描こうと思いましたので、この二人を出すためにかなりオリジナルな展開になりました。
靈姑浮が闔廬に負傷させるところも、演出上弓矢を使っています。

blog

引き続きネーム中です。

明日からは、表紙に取りかかると思います。この週末を利用して、できるだけ進めておきたいです。

集中していかないと!