第一話

001.png

「霸王の輔」

楚出身の青年・范蠡は仕官の道を求めて辺境の小国・越を訪れた。
そこでは、病気療養中の王・允常の代わりに太子である句踐が実質上の政務を担っていた。
越の後進ぶりに最初は戸惑いを隠せない范蠡だったが、句踐に学問の講義をしたことがきっかけで、越に仕えることになる。


→サンプルページを読む

| »