制作状況やら創作にまつわるいろいろとか
2014年5月17日

通販について

発行物の通販は 、

書店(とらのあな)
http://www.toranoana.jp/mailorder/cot/circle/24/52/5730363535323234/c7f2c0ee_01.html

自家通販

で受け付けています。どうぞよろしくお願いします。



2014年5月15日

舎兵於淮汭

呉越春秋 ツイッターで訳した箇所について。

原文「舎兵於淮汭」 左伝が「舎舟于淮汭」なのでここの「兵」は「舟」ではないかという注がついてます。
でも兵でも通じないこともないと思ったのでそのままにしてます。

「汭」は「入り江」「川の合流点」「河口」「川の北」と、いろいろな意味があるそうです。 左伝の杜注が「呉乗舟従淮来、過蔡而舎之」なので、もしかしたら「淮水の北側」でもよいのかもしれない。 今のところちょっとよくわからないです。

(twitterの投稿をまとめました)



2014年5月12日

以太子質

本日、Twitterで訳したところ

「子の元と太子を質とし」

原文は「以子元與太子質」

左伝定公三年では「以其子元與其大夫之子爲質焉」となっています。

呉越春秋の記載が誤りだと思いますが、訳は原文に従っておきました。



「越語下」の訳をサイトにまとめました

去年の秋から始めて呉語と越語で半年以上かかったのかな
訳といっても韋昭の注によりつつ日本語にしてみたというだけですが、こういうのは深く読もうとするとすごい深みに嵌まりそうなので嵌まらない程度に。

細かい語法の違いとか専門的なことはわからんのですが、読んでみた印象としては
「呉語」→読みにくい
「越語上」→わりと読みやすい
「越語下」→読みにくい。でも呉語の読みにくさとはなんか違う という感じでした

それぞれの整合性もあまりないし、これ元々は成立の経緯も年代もぜんぜんばらばらの文章だったのだろうな

(Twitterの投稿をまとめました)

 



2014年4月22日

闕両城

越絶書

呉市者、春申君所造、闕両城以為市

「二つの城に門をかけ市となし 」と訳しましたが、「闕」を「門をかける」というように動詞として読んでいいのか、ちょっと分かりません。
動詞として読む場合は「欠ける」といった意味になりますが、それでは通じにくいので、とりあえずこうしておきました。



«New 12345678910

calendar

«   2015年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

archive