制作状況やら創作にまつわるいろいろとか
2014年6月29日

波太子夫差日

本日訳したところ

原文「波太子夫差日夜告於伍胥曰」

ここはちょっと読みにくいんですが、注釈書によっては「波太子子夫差」または「波子夫差」の誤りとして『呉越春秋』では夫差は太子波の子で闔閭の孫だとしてる本もあります。

それとは別に「波太子」が「次太子」の誤りで、やはり夫差は闔閭の子であろうと解釈してるものもあります。

なるべく原文に近い形で訳したかったので、いまは「波の子夫差」としておきました。

他の史料の記述からしても、夫差は闔閭の子でないとおかしいのですが、『呉越春秋』では夫差は波の子=闔閭の孫という扱いになっているのかもしれません。

 



2014年6月18日

越絶

方舟航買儀塵者、越人往如江也、治須慮者、越人謂船為須慮、亟怒紛紛者、怒貌也、怒至、士擊高文者、躍勇士也

本日読んだところ

二つを連結した船で、越人は江に往く。須慮を治すとは、越人は船を「須慮」と言うのである。亟怒紛紛とは、怒りの様子であり、怒りがはなはだしい。士が高丈を撃つとは、士を跳躍させ勇ませるのである。

無理矢理に訳しましたが、かなり意味が通じにくいです。

「方舟」とは「舟を二つ並べていかだのようにつなぐ」

「買儀塵」は意味がとれないです。何冊か注釈書にあたってみましたが、どれもわからないとのこと

次の「亟怒紛紛~」のところも前後のつながりがよくわからないです

「士擊高文者」 「文」は「丈」ではないかということ  戦士が高いところのものを撃って跳躍や武勇を鍛錬する?みたいな感じでしょうか しかしこれもよくわかりません

 



2014年6月15日

夏コミ

夏コミの参加が決まりましたので、現在新刊を作成中です。

タイトルは『會稽古譚 范蠡與西施』
いつも描いている『霸王の輔』の番外編の読み切りです。

同時に、秋に発行予定の『霸王の輔』6巻の制作も進めています。こちらはまだ作画には入らずに、ストーリー作りの段階ですが、少し長くなりそうです。
なんとか100ページ内で収まるように調整したいです。

コミケwebカタログのサークルページはこちらです。
1日目 8月15日金曜日 西 え34b「白川」
https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11307514

ユーザー登録すれば無料でも利用できるそうですので、よろしければこちらもご利用ください。

 

Cartoonにツイッターログなどをアップしました。
こーせんさまのイラストと、蝉ネタの漫画です。



2014年6月 4日

秦哀公

『呉越春秋』本日ツイッターで訳したところ

桓公大驚、楚有賢臣如是

原文では「桓公」となっていますが、年代が合わないので、「哀公」のまちがいだろうということです。

「哀公」に修正して訳しています。



2014年5月27日

cartoon更新、呉越春秋

しばらく更新が滞っていましたが、Cartoonにイラスト・漫画七点を掲載しました。

呉越春秋、いまツイッターで読んでるところは、原文「鄭定公」となっていますが、年代が合わないので献公の誤りだろうということです。訳も修正しています。



«New 12345678910

calendar

«   2015年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

archive