文種さんの名前

文種さんの名前について

作品では隻眼の中年として登場する文種さんですが、この人の名前は「左伝」「國語」では「大夫種」と表記されています。史記の呉世家・越世家でもやはり「大夫種」となっています。

それで、「索隱」ではこのように説明しています。

 

大夫、官、種、名也。一曰大夫姓、猶司馬司徒之比、蓋非也。

「大夫」は官名で、「種」が名である。一説に「大夫」が姓で、「司馬」や「司徒」のようなものであるというが、それは誤りであろう。

 

ここでは否定されていますが、大夫が姓で種が名という説がかなり根強くあったみたいです。

時代が降って、『呉越春秋』になると「文種」として出てきます。『越絶書』では「大夫種」です。

姓が「文」だったとすると、「范蠡」は「范蠡」と表記されているのに、なんでこの人だけ「大夫種」って書かれてるのか、そのへんがよく分かりません。

ただ、姓が「文」だとか「大夫」だとか、いろんな意見が出てしまうぐらいに、素性のわからない人だったのではないかと思います。范蠡氏もそうですが、あんまり名門の出身ではなかったのかもしれない。

ついでに、越の大夫靈姑浮ですが。

諸橋大漢和では「靈姑」を複姓としてるのですが、これはちょっと出典が分かりません。わかったらまた書きたいと思います。